授業紹介
本専攻は2016年度、キャリア開発総合学科 社会福祉系として生まれ変わります。

授業紹介

充実した実習設備、教育環境の中で、福祉の心と専門技術を学びます。

一人ひとりの「わかる」、「できる」に焦点を置いて、設備の用途や使い方を丁寧に指導します。異なる設備にも対応できる応用力を身に付けます。要介護者との心のふれあいを意識した科目も構成されています。

生活支援技術(Ⅰ, Ⅱ, Ⅲ)

生活支援技術(Ⅰ, Ⅱ, Ⅲ)

自立支援の観点による介護の知識・技術・能度を学びます。学生同士が介護者と要介護者役を交互に受け持つことで、介護される人の気持ちも理解します。

A.Mさん

実際の現場にある福祉機器を使う実技が中心の授業なので、しっかりとテクニックが身につきます。

A.Mさん

アクティビティ概論

アクティビティ概論

高齢者や障がいのある方のいきいきとした暮らしを支援するための知識や技法を学びます。

K.Tさん

手先を使って切り絵などを楽しむことで、頭が活性化されることを実感。要介護者の方への趣味のご提案としても役立ちそうです。

K.Tさん

こころとからだのしくみ

こころとからだのしくみ

生活支援を行う上で基礎となるこころのしくみ、生命維持のしくみ、からだの動きのメカニズム、食事・排泄・睡眠の構造と機能を学びます。

生涯スポーツ

生涯スポーツ

身体を動かすことは、毎日の生活を張りのあるものにします。高齢者や障がい者の心身の状況に応じたレクリエーションスポーツおよび介護予防体操を学びます。

福祉住環境論

福祉住環境論

高齢者・障がい者の生活の質は、その居住環境に大きく左右されます。住まいと福祉用具の活用方法、人にやさしいまちづくりについて考えます。「福祉住環境コーディネーター」の検定試験の合格を目指しています。

M.Sさん

学んだ知識をどのように現場で使うのかを体験できて、わかりやすい授業でした。福祉住環境コーディネーター3級に合格しました。

M.Sさん

ケア&メイクアップ

メイクアップ技法

身だしなみを整えることの心理的変化は、社会参加を促す重要な手がかりになります。この授業では、その理論と高齢者・障がい者に対して実際にメイクができる実践的な技術を学びます。

S.Sさん

施設実習の中で利用者の方に実践する機会があり、その方にも喜んでもらえました。私も好きな授業です。聖和短大らしい授業ですね。

S.Sさん