学長挨拶

手厚いサポートのもとで学ぶ「不易流行」

聖和学園短期大学は、昭和26年に開学し、令和3年には創立70周年を迎えました。仏教の教えである「慈悲」と「和」、そして「智慧」を学び、地域社会や国際社会に貢献する、豊かな心を持った人材の育成を「建学の精神」としています。
聖和学園短期大学は、「保育学科」と「キャリア開発総合学科」のふたつの学科からなりますが、それぞれの特徴を生かして、「いつまでも変わることのない精神(不易)」と「いま必要なスキル(流行)」を、そして教養と専門知識・技術を着実に修得できるよう、日々教育の質向上に努めています。教員と職員は、一体となって、ひとりひとりの学生にきめ細かく目を配り、勉学はもちろん、大学生活全体を手厚くサポートしていますが、毎年限りなく100パーセントに近い就職率を誇っているのは、その大きな成果のひとつと言っても良いでしょう。これからも、グローバルな学びを通して奉仕と協調の心を備え、知恵をもって困難を乗り越えて、力強く活躍できる学生を育ててまいります。

聖和学園短期大学
学長 吉川 和夫

 

学長プロフィール

【氏名】
吉川和夫(きっかわかずお)

【生年月日】
1954(昭和29)年  愛知県生まれ

【学歴】
1978(昭和53)年3月  東京芸術大学音楽学部作曲科卒業
1981(昭和56)年3月  東京芸術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了(修士:芸術学)

【主な職歴】
1984(昭和59)年4月~1992(平成4)年9月  作陽音楽大学勤務(講師、助教授)
1992(平成4)年10月~2001年(平成13)年1月  宮城教育大学助教授(音楽教育講座)
2001(平成13)年1月~2020年(令和2)年3月  宮城教育大学教授(音楽教育講座)
2016(平成28)年4月~2019(平成31)年3月  宮城教育大学附属小学校長を兼任
2020(令和2)年4月~  宮城教育大学名誉教授
2021(令和3)年4月~  聖和学園短期大学 学長

【所属】
日本作曲家協議会 日本音楽著作権協会

【主な著作、CD】
『はじめてのソルフェージュ1~5』(共著 全音楽譜出版社)
現代の日本音楽6『論義ビヂテリアン大祭』(国立劇場委嘱作品 春秋社)
『遠野地方の伝承歌~女声(童声)合唱のための』(カワイ出版)
混声合唱のための『どうして あんなに』(全音楽譜出版社)
CD 「魂の行方」(フォンテック)
CD 竹田恵子オペラひとりっ切り 「にごりえ」(ALM)

【主な活動等】
・1987(昭和62)年  日中バレエ共同公演として、バレエ「おしらさま」を北京で上演。
・1987(昭和62)年より、萩京子、寺嶋陸也と組む作曲家グループ「緋国民楽派」同人。
・1995(平成7)年より、宮城県、仙台市内のいくつかの学校の校歌を作曲。2022年(令和4)年には聖和学園短期大学学生歌「あの丘陵から」を作曲。
・1996(平成8)年  NHKオーディオドラマ「ソフィーの世界」の音楽で、放送文化基金賞(音楽・音声・音響効果賞)受賞。
・2000(平成12)年  みやぎ国体のためのファンファーレ(選手宣誓)を作曲
・2004(平成16)年  Music from Japan 委嘱作品「木々の記憶~雅楽器のための」をニューヨークで初演。
・2011(平成23)~2021(令和3)年、「被災地へピアノをとどける会」副委員長として活動。

 

学長メッセージ

2022.4.4 令和4年度入学式 学長式辞


2022.3.18 令和3年度学位記・卒業証書授与式 学長式辞


2021.4.2 令和3年度入学式 学長式辞