聖和学園短期大学 70年のあゆみ

昭和4年 宮城県仏教会発足、同会は仏教主義による高等女学校設立を計画、吉田つぎ女史の篤志寄付を受ける。
昭和5年 伊澤平左衛門氏を設立代表として吉田高等女学校を開校
昭和9年 第一回卒業式を挙行、卒業生83名
昭和23年 学制改革により法人名を聖和学園、校名を吉田高等学校とし、中学校を併設
昭和24年 短期大学設立期成会発足
昭和25年 聖和学園短期大学校舎新築落成。(仙台市若林区木ノ下)
昭和26年 聖和学園短期大学(国文科・被服科)開設認可、初代学長に金山龍重氏が就任
昭和38年 保育科を増設
昭和50年 松田紹典氏第二代学長に就任
昭和51年 木ノ下校地に新校舎完成
昭和62年 仙台市泉区南中山に新校舎完成、キャンパス移転
平成5年 被服科を生活文化科に科名変更
平成9年 保育科が保母養成所に指定認可
平成13年 鈴木則郎氏第三代学長に就任
平成15年 人間コミュニケーション学科を設置
平成17年 キャリア開発総合学科を設置
平成18年 鎌田文惠氏第四代学長に就任
平成19年 保育福祉学科を設置
平成25年 鳴海 渉氏第五代学長に就任
平成28年 保育学科を設置