介護福祉士養成課程についてよくある質問をまとめています。

Q1.入学金時に納付する金額について教えてください。
A1.入学する学科や系により分かれています。
こちらより、キャリア開発総合学科(介護福祉系)の箇所をご確認ください。
Q2.奨学金について教えてください。
A2.聖和学園短期大学では学園全体の奨学金のほか、介護福祉士養成課程学生への修学支援制度も用意しています。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q3.「社会福祉主事」について教えてください。
A3.社会福祉主事は、福祉に関する法律に基づき各種機関で相談・援助の業務を行なう人をさします。任用資格は、実際に業務についたときに初めて名乗ることができる資格です。福祉を勉強したという基準になり、生活相談員として働く場合に有利な資格です。聖和学園短期大学では、介護福祉士の必修科目の中に資格取得の指定科目が含まれています。従って、卒業時に「社会福祉主事任用資格」を取得する事ができます。
Q4.「アクティビティ・ワーカー」について教えてください。
A4.介護を要する人の楽しみや喜び・生きがいを充足するお手伝いができる人材の育成を目指し、NPO法人アクティビティサービス協議会が認定している資格です。介護福祉士としての仕事に磨きをかけるものとして、聖和学園短期大学では平成26年度から養成課程の認定を受けました。介護福祉士の必修科目の中に資格取得に必要な内容が含まれています。任意で資格を申請することができます。
Q5.介護福祉士国家試験に不合格の場合は、どうなるのですか?
A5.2026年度までに介護福祉養成課程を卒業した者については、卒業年度の翌年度から5年間は介護福祉士となる資格を有する者とする経過措置が設けられています。
この期間内に国家試験は再チャレンジできます。卒業後も試験勉強のアドバイスを行い、資格取得をサポートします。
Q6.介護福祉士養成課程から他の分野の勉強に変更することはできますか?
A6.万が一、途中で進路変更したいという事態が起きた場合でも学科の中で他の分野の勉強に切り替えて卒業を目指すことが可能です。
Q7.介護職員初任者研修を修了しましたが、単位に反映されますか?
A7.介護職員初任者研修は、介護福祉士のカリキュラムと重なる部分がかなり多くありますが、制度上、単位の読み替えなどはできません。
しかし、基礎的なことは勉強しているので、専門用語などの、理解が早くできるのではないかと思います。介護福祉士になる勉強は、国家試験に向けて暗記だけでなく、考えること、気づくこと、関係付けること、などがとても重要です。基礎知識を生かして、学びを深化させましょう。
Q8.アルバイトはしてもいいですか?
A8.アルバイトは、社会勉強にもなる事から原則禁止していません。学業とのバランスを考えて、業種や時間帯などを工夫することは必要です。特に介護実習の期間中は、アルバイトを休むことになります。
いろいろな理由でアルバイトをすると思いますが、奨学金等の活用も視野に入れると良いと思います。気軽にご相談ください。
修学支援金についてはこちらをご参照ください。