仏教行事「涅槃会」を開催しました

2018.01.19

1月16日 (火) に仏教行事の「涅槃会 (ねはんえ)」を開催しました。聖和学園短期大学の建学の精神である仏教の教えにもとづいて実施し、全学生が参加する仏教行事の一つです。お釈迦さまが亡くなって、悩みも苦しみも迷いもない安らかな境地「涅槃」に入られた2月15日を思い起こすための行事です。

まず仏教青年会委員の学生が「献灯の舞」を披露しました。次に鎌田文惠学園長が導師として読経と焼香をおこない、学生と教職員が一斉に合掌、礼拝しました。鎌田学園長は法話のなかで「人間は一日ごとに老いていく。まだ若いみなさんもかけがえのない生命を大切にして、しっかり生きてほしい」と説きました。

仏教青年会委員の学生による「献灯の舞」

仏教青年会委員の学生による「献灯の舞」

全学科の学生が参加

全学科の学生が参加

鎌田文惠学園長による読経と焼香

鎌田文惠学園長による読経と焼香

「人生の時間には限りがある」という法話

「人生の時間には限りがある」という法話