就職

まず自分自身とよく向き合いましょう。自分の希望や適性、ライフプラン、家族の方の考えなど、自分が進んでいく方向を色々な側面から考えて検討しましょう。短大は2年間しかありません。入学した頃から考え始めても決して早くはありません。就職活動は春休みから本格化しますから、遅くとも1年次の冬休みには準備にかかりたいものです。2年次の4月には全員「進路調査書」を提出します。

進路に関する考え方や就職活動のノウハウについては、1年生全員に配付する進路ガイドブックに詳細に説明してあります。

進路ガイドブックを熟読しましょう

進路指導には、各科の担当教員と進路相談室、学生課職員が当たっています。進路に関して相談があったり、個別に指導を受けたい時は、気軽に相談してください。

就職

進路の中でも特に就職は、社会人としての自立の第一歩です。まず、自分が何のために就職するのかという目的意識をしっかり持ちましょう。

就職先としては、一般企業、幼稚園、保育所等の児童福祉施設、介護福祉施設、公務員、各種法人・団体、自家営業などがあります。企業にはそれぞれ業種(業務内容)がありますし、職種(仕事の内容)も様々です。雇用条件等も個々に異なるのでよく調べてみましょう。

一般企業が短大生を採用する活動は、多様化していて、依然厳しい状況が続いています。ホームページによるエントリーのみで学校関係に一切求人票を出さない企業も増えつつあります。粘り強く努力しましょう。

保育・福祉関係に就職する場合、職種は専門的となり、就職活動の仕方にも一般企業との違いがありますから、保育・福祉関係向けの就職ガイダンスには必ず出席し、就職活動の要領をよく学習しましょう。公立の幼稚園や保育所、施設に勤めたい場合は、公務員試験の準備が不可欠です。

公務員希望の場合、男女平等の安定した職場として人気があり競争率が高いため、採用試験に合格するには入学時からの準備が欠かせません。本学では公務員志望者のためのガイダンスや集中講座、模擬試験を実施していますから、積極的に参加してください。

求職登録

就職を希望し、本学から求人等の就職情報を得たいという人は、学校に対して必ず求職登録をしなければなりません。これは、職業安定法第33条の2に基づく「職業紹介業務運営規程」に従うものです。登録書類は本学の場合「進路調査書・求職登録票ならびに誓約書」が該当し2年次早々に提出となります。聖和短大生として自覚を持って真剣に活動する意志を示しましょう。また卒業までに就職先が未定の場合でも、卒業時に求職登録をしておけば、卒業後も本学に来た既卒求人(卒業生対象の求人)の紹介を受けることができます。