学科の特徴

キャリア開発総合学科

キャリア開発総合学科について

すべては、きみのために きみの未来のために

地域には、人々の生活を支える様々なフィールドでビジネスが息づいています。 キャリア開発総合学科はそんな地域社会の実際を体系的に学ぶ場所。 大好きな地域とともに成長していく、そんな人材を育成します。

キャリア開発総合学科の特徴

多彩な系統・異なる分野から自分に合った授業を選んで学べる

地域社会に密着する9つの系統・分野にユニット(科目群)を構成。「医療事務+ファッション」といった異なる分野のユニットを組み合わせて学ぶことも可能です。興味のあるユニットを選択して学べるので、進路を決めていない人もじっくりと進路選択ができます。

銀行や上場企業、地元の優良企業に高い就職決定率

学生一人ひとりの希望進路や個性に合わせた丁寧な就職指導で、学生の就職活動をサポートします。就職に役立つ資格や検定試験対策も充実。また、聖和短大と銀行、地元の優良企業との間に築かれている信頼関係から毎年多くの求人が寄せられます。

社会人マナーとコミュニケーション能力、
豊かな人間性と社会性を育む学び

社会人に必要とされる社会人マナーとコミュニケーション能力を育むために、キャリア開発総合学科の全ての学生に「ベーシック科目群」を用意しています。また聖和短大の「建学の精神」に通じる穏やかな学風に触れることで、豊かな人間性と社会性を養います。

地域と関わり地域社会の実際を知る、
地域行事やボランティアに積極的に参加

ゼミ活動や課外活動、特別授業などで地域に積極的に関わりを持つように指導しています。地域清掃活動をはじめ、青葉まつり、SENDAI光のページェントなど多数の行事に参加、地域の方々と触れ合うことで、地域社会の実際を体得していきます。

キャリア開発総合学科の卒業要件